ただ在れと盲いたギヤの命題に 疑問符を見る邂逅の跡

「ただあれとめしいたぎやのめいだいに ぎもんふをみるかいこうのあと」

Twitterタグ企画でお届けした一首です。リドルアナの2ボス前ですよね、色合いがすごく綺麗……!青みがかった背景の壁と金古美の歯車という組み合わせが、イヴァリース装備の色合いと同じで感動。そしてこの背景に装備の色を合わせてきたニカさんのコーデが尊い……。

これは写っているニカさんを歯車のひとつに見立てて詠んでみました。与えられた命令を唯一至上のものとし、なぜその命令が自分に下されたのか、何の目的でその命令を遂行しなければならないのか、そこに思いを馳せない機械の身体はまさしく歯車(ギヤ)と呼べるものではないかと。その歯車が何かに背を向けているのが印象的で、歯車であることに何かの疑問を持ってしまう出会いのようなものがそこにあったのだろうか……という妄想につぐ妄想が炸裂した句です。素敵なお写真をありがとうございました!

(撮影・モデル ニカ様)


コメントは受け付けていません