風掴み雲間を縫えば其は現 強かに飛ぶ研いだ拳で

「かぜつかみくもまをぬえばそはうつつ したたかにとぶといだこぶしで」

Twitterタグ企画でお届けした一首です。背筋(せすじではなくはいきんと読みたい)カッコイイなあ……メインジョブモンクさんだからかな……とうっとりしながら背中を眺め、ノリ重視でガッ!!と詠みました。白い肌は日差しに透けそうなほど儚い色をしているのに、いきいきと躍動する筋肉の力強さや体温が伝わってきそうな背中や腕の陰影が美しくて、風に乗って飛ぶのではなく風を掴んで飛ぶというイメージがすっと浮かび上がるお写真でした。イイ!お写真をありがとうございました!

 

(撮影・モデル Assam 🚩おいでよRamuh様)


コメントは受け付けていません